まれにある質問

公開からかなり経つのに、未だに時々ご感想のメール、ありがとうございます。
拙い作品のダウンロード数が未だに少しずつ増えていて
(※Vectorからの通知メールで分かります)
ダウンロードして下さった方々の中で
時々この作品を「面白い」と感じて頂けている人がいることを
とても幸せに思っています。

第2回人気投票開催(2015/4/23~)に伴い、
感想メールの返信で個別に回答していた
「キャラの設定に対する質問」の中で
割と多かったと感じているものに作者本人が回答します(笑)。

世界観設定に関しては、バックボーンの設定が甘すぎて
実は辻褄が合っていない部分が多々あるので、
申し訳ありませんがノーコメントッ!(笑)


また、第2の本編となった「蜜柑の香り」に寄せられた質問もこちらで回答します!
漫画の方は、結構きっちり設定を詰めたので、世界観についても答えられると思います。



デジタルノベル版(SFのほう)

普通の質問

空山は本当に3年も女性関係で問題を起こさなかったの?

起こさなかったことになっています(笑)。
男としては、可哀想ですね。


空山は本当に綾に手を出さなかったんですか?

(笑)。
出さなかったことになっていますが、ご想像にお任せします。
空山と綾と、あなただけの秘密ということで(笑)。


空山と千秋は本当にお似合いじゃないんですか?

本編ではそういうことになっています。
空山と千秋がお似合いという妄想をして頂くのは全く問題ありません。


千春は空山とくっつくべきだったのでは?

年齢的には一番リアリティがあるカップリングだと思います。
千春は友達が多く親友がいないタイプの女子(…女子?)なので
可能性はあったかもしれませんが、
千春自身が空山とは友達でいたいと願ったのでしょう。
空山と千春がお似合いという妄想をして頂くのは全く問題ありません。


柊と千秋は、交際したことが本当に無いの?

ありません。
柊はキングオブ鈍感です。
もし好意を持たれていたとしても、全然気づきません。

千秋は空山との交際について
千春に相談した際に「様子見」を提案され、
それが正解だったと感じてしまった子なので
ちょっと気になっても
自分から積極的にアタックを掛けるタイプではなくなったのが
柊に春が来なかった原因かもしれません。


華菜と千秋の腐女子設定は何の為に付けたんですか?

ガールズトークのきっかけににしたかっただけで
深い意味はありません。
ちなみに、綾も華菜のお勧めでBL作品は普通に読めます。
綾自身は腐女子ではありません。
ですが感想は腐女子の立場に立って語ることも一応できます。…器用ですね(笑)。


柊が最初に出逢った「華菜さん」はどんな人だったんですか?

笑顔が素敵なOLさん。


別の「華菜さん」の描写があれば良かったと思うのですが。

まず、私がデジタルノベルを作るのが初めてだったこと、
さらに一人称視点の文章を書くのも初めてだったということがあり
そこまで書く余裕が無かったというのが一番正直な理由です。

その結果、後付け設定に近いですが
柊は柊なりに最初に出逢った「華菜さん」と
見守っていた華菜は別人として扱おうと彼なりには努力していることを
別の女の影をあまりチラつかせないことで表現できているかも、と思っています。

自分で冷静にデジタルノベルを読み返してみた感想が
「柊と華菜をもっとイチャイチャさせたかった!」なので
ファンタジー漫画版「蜜柑の香り」の方で、
デジタルノベルでは華菜が最後まで気づけなかった柊との見えない絆は
こちらのパラレルワールドで繋がっていたという
強引な後付け設定になったら、面白いかなと、今は思います。


柊は長髪ですが髪の手入れは?

柊があのヘアスタイルで良いと思っているのは
「頻繁にカットする必要が無く、
括ってまとめるだけで作業の邪魔にならなくなる」
という理由なので、本人はオシャレしているとは思っていません。
普通の男性と同じようなシャンプーで洗ってます。
なので結構、傷んでいると思います。

空山は女の子の視線を気にするタイプなので
「お前女子か!」というぐらい真面目に
トリートメントなどをしていると思います。

作者個人は綺麗なロン毛が大好きなので
異界編(ファンタジー漫画)の
騎士ヒイラギは特に何のケアをしていなくても
サラサラでキラキラな髪質なのだと思います。


ちょっとえっちな質問

柊と空山が所属していたチームの上司にセクハラな人はいるの?

勿論いますが、度が過ぎると自分の首が飛ぶのであんまりいません。


閉鎖空間なので、空山と綾のえっちなシーンは避けるべきではなかったのでは?

さわやかな雰囲気にしたかったので避けました。
華菜の一人称視の作品なので、入れにくかったというのもあります。
なので何も無かったことになっていますが、ご想像にお任せします。


BLな妄想をしてしまうのですが。

どうぞどうぞ(笑)。
でなきゃジョーク企画で「Best friend」なんて作りません。

そういう妄想をされたくない場合、
私はローカルでひとりで勝手に「誰にも見せない作品」を創作するので、
この作品が世に出ている時点で妄想の自由は読者様にあります。


柊と空山が公式カップルに見えてしまいます。

感想メール以外でも、そういう声はデジタルノベル配布直後に
ちょいちょい頂いていたので、
そういう風に見て頂いても問題ありません(笑)。


その他の質問

二次創作しても良いですか?

要・事後報告で自由に可、です。(えっちな内容のものは事前報告でお願いします)
むしろ、管理人が喜んで
頂き物に飾らせて下さいとかお願いする可能性が高いです。

参考:
白時SW(仮)(2012年6月9日)


手描きのイラストで二次創作しても良いですか?

コミPo!の利用規約で、キャラクターの容姿に関する部分だけは
著作権がウェブテクノロジ社にある、となっているので
残念ですがやめておいた方が無難かと思います。


作中で使われている背景の配布サイトはどこですか?

基地内の背景に関してはウエストサイド社の背景素材
楽天ダウンロードで購入しました。
「05未来基地」「47基地」などがそうです。
他にもオープニングで祈っている背景が「53自然」だったりとか。
居住区の個室の背景は「05未来基地」の
ロッカールームやベッドルームを使いまわしてごまかしています。

異界編(ファンタジー漫画)の方は
コレクション版の「06中世」を使っています。
全編を通して、屋内や建物の背景のほぼ全てがこの素材集の背景です(笑)。
森や平野などは、単品で販売されている「自然」シリーズですが。

無料素材じゃ無くてガッカリ!されたかもしれませんが、
ウエストサイド社にメールで問い合わせたところ、
この背景集をコミPo!で「ゲームや漫画の背景として」使うのは
全く問題無いという回答でしたので、
私個人はこの有料素材、とても使いやすくて助かっています。


異界編~蜜柑の香り(漫画)への質問

マイさんの転移門は、電子的な空間への干渉だと思うのですが、なぜ白いのですか?

おお、素晴らしい質問!すみません、伏線を回収し損ねています。
マイさんの転移門は、「世界」の内側で魔力を使って空けているのではなく、
質問文での推理の通り、外の世界からの電子制御での世界への干渉です。
あの世界からしてみれば、最もエコな転移門なので白色に見えます。
2030年の転移門は、魔力枯渇で色が薄れていった結果、緑色になりました。

もっと時代が進むと、薄い灰色になりますが、
エコではないため縁がどんどんボヤケていき、たとえ白くても白には見えないと思います。
また、そんな状態の転移門は、たとえ空けることに成功しても
安全に転移できるかどうかは不明な、危険な魔法になるでしょう。

シムラ達は人を殺したことがあるのですか?

白の災厄編で登場するシムラとヤマカワは、
元々は戦争に参加していたので、殺したことがあります。
カイザキは魔道兵になった途端、動作不良を起こしてしまったため、
預言の騎士達との戦闘が初陣です。

カイザキはどうして、再起動がかかったのですか?

感覚が昭和だったかもしれません(笑)。
アナログテレビは斜め45°から叩くと直る(実際、映るようになる)という
都市伝説がありますが、実際に映るようになることがありました。
一般的には回路が運良く繋がり直したからまた映ると言われていますが
カイザキに起こったことも似たような現象で、奇跡です。

ヒイラギがカイザキの耐久度を確かめるために、平手で強めに打つ
強い衝撃で頭脳回路が不安定ながら繋がった
アヤの魔力を注入(充電)した結果、自動修復機能が働き、再起動を推奨されたので
カイザキは「はい」と答えて再起動をかけた

これが実際の流れです。
また、カイザキの耐久度は前衛兵用にかなり高く設定されているので、
シムラやヤマカワがアヤの魔力を食らったら、充電にはならずダメージになります。

過去の時代は魔力が濃いのに、未来人の武器から射出される魔力は強くならないのですか?

シムラやヤマカワが使っている武器は、
武器会社の規格の魔力を装填したものなので、環境に影響されて威力が変わったりはしません。
魔道体に使われている魔力も同様ですが、
前衛型(カイザキ)は陣形を崩されにくくするため、外部の魔力を使って自己修復を早める機能が付いています。
なのでシムラやヤマカワは魔力を使い切ると未来に自動的に戻ってしまいますが、
カイザキだけは過去の時代に残ることも、実は可能です。
外部から魔力を得る機能はオフにすることも出来るので、そうすれば取り残されません。

12話で「実戦経験があるのはルリィだけ」とありますが、ミナは賊討伐、セイトは他の隊の手伝いをしたことがあると言っているのはどうこうことでしょうか?

痛いところを突かれましたァ!(笑)
完全版で修正するか迷って修正しないことに決定しております。

ミナの賊討伐は参加できたとしても後方支援要員、
セイトも同じく、言われたとおりの場所に
転移門を空ける役目をやっていただけなので、
正しくは「命のやりとりをしたことがある」という表現が正解になると思いますが
最初から読む分には分かりづらいと思いますので、表記の変更はしない予定です。

カナちゃんの能力では、寿命をヒイラギさんに与えることはできないのでは?

あれはカナの言い回しで、実際にやったことは「ヒイラギの寿命を10年分巻き戻す」です。
明確に10年と意識して巻き戻しの魔法を行使したため、本当に10年眠りました。
普段の怪我の治癒などは、
「自分がこのくらい怪我をしたらどのくらいで治るか?」を基準にして回復しています。
目なんて複雑なものは半日では治らないはずですが、その辺の誤差は漫画的表現ということで、
見逃して下さると助かります。

  • 最終更新:2016-03-03 23:42:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード