白時SW:世界観・キャラクター紹介(異世界ファンタジー風)


世界観

中世ヨーロッパ風の異世界ファンタジー風。
一般的な漫画やゲームに出てくるファンタジーの世界という解釈で問題ないです。
魔法を使うことも出来ます。
第2の本編となった「蜜柑の香り」でカナ達は大冒険をしましたが
この設定を使って下さっても構いませんし、
キャラの設定だけ使って、新しい異世界ファンタジーの世界を作り出して下さっても構いません。

SF風版のキャラをベースにキャラクターと世界観を構築した為、
中世ヨーロッパ風のなのに、みんな日本人名です(笑)。


キャラクター

預言師の一行(主人公と先輩組)

カナ・アヤ・マナ・ヒイラギ・ソラヤマ・チハル・チアキ

預言師の一行(中盤加入の後輩組)

ミナ・ルリィ・セイト・ジュズ

預言師の支援者たち

シンジ・シンジの仲間・イクコ・親父さん
オオシマ・セイイチ・ヒカル王子
ツカサ・ヨウカ・ダイキ

刺客たち

サノ・カナイ・名も無い彼

裏の王国議会の議員たち

タカナシ(・ヨウカ)
ツボイ・オオシマ・セイイチ
ツカサ・ヒカル(・ダイキ)

未来からの襲撃者たち・ほか

マイ
シムラ・ヤマカワ・カイザキ
コハル

聖騎士支援隊

「蜜柑の香り」で「3年後」になってから登場した敵ですが、
チンピラの集まりな上に1話で倒されてしまう設定のため、
キャラクターそれぞれにはキャラ付けしていません。
彼らのような者達は、定期的に時々現れることでしょう。

その他の敵

「蜜柑の香り」は内部の争いごとの話だったため、敵国兵は出てきません。
適当に作って下さってOKです。
他、山賊や盗賊なども彼らの敵となるでしょう。


この設定を使ってもいいですし、使わなくても構いません。
(一部だけ使うとか、改変とかもアリです)


四季の巡る国「ニーフォン」のみしか出てきていません。
ニーフォンは島国では無く、大陸の内陸国です。
また、百年続いた戦争の戦勝国であることが特徴です。


預言師チハルの旅とは?

戦争は終わった。
しかし、戦が終わってからの方が、宮廷内では醜い争いが絶えず、チハル達は心苦しく思っていた。

そんな時、セイトの弟ジュズから「白の災厄」という
謎の世界崩壊現象の話を聞いたチハルは、放っておけない、と思い、
城から飛び出し、数ヶ月の旅をした。
旅では追っ手に襲われたり、未来からの刺客に襲われたり、
大変な目にばかり遭ったが…
それでも、チハル達は白の災厄の解決法をなんとか発見し、王都へと戻っていくのだった。
白の災厄を未然に防ぐには、チハル達にとっては「かみさま」とも呼べる存在、
マイの協力が欠かせないのだが、全面協力してもらえる約束をすることもできた。

主人公のカナは、この旅でチハルや旅に参加した者達の価値観を
敵味方問わず、どんどん変えていった。


この旅の「旅の途中」は事件に遭いやすいので、ネタにしやすいですね(笑)。
この設定を使ってもいいですし、使わなくても構いません。
(一部だけ使うとか、改変とかもアリです)


「白の災厄」とは?

世界のどこかで、突如、目がくらむような光に覆われることがある。
白い光に覆われた地域が色を失い、人々が跡形も無く消失してしまう現象。
しかし、セイトの弟ジュズだけはこの現象に遭ったのに生き残った。

世界の「内側」に住むカナ達には関係の無い話だが、
この世界は高度なプログラムで構築された仮想の世界であり、
「人間の住む世界を創り出すことが出来るか?」という
極秘プロジェクトの一環で創り出された電子世界であるため、
コンピュータのパーツが老朽化するとデータが失われてしまうことがある。

その際に世界のデータが全て消えてしまわないよう保護がかかるが、
「人間」の持つデータ量は膨大すぎるため保護できず、消えてしまう。
ジュズが生き残ったのは単なるバグである。

しかしこのバグがきっかけで「人間が消失しない方法」をカナ達は見つけ出す。
「蜜柑の香り」では「生への思い」つまり「生きたいと願う心」の強さが鍵だった。

通常保護できないはずの人間を生き残らせる方法を見つけ出した彼女たちに、
世界の管理者は心の底から驚いたとか。


この設定を使ってもいいですし、使わなくても構いません。
(一部だけ使うとか、改変とかもアリです)
漫画を描くために作ったマニアックすぎる作者用の設定もあります。
もしも蜜柑マニアの方がいらっしゃったら、どうぞ(笑)。
この設定も自由に利用・改変可です。


組織や特別な肩書き

王国議会

貴族院・衆議院からなる「表の議会」と、
預言師をどう操って国を運営するか話し合う「裏の議会」があります。
「蜜柑の香り」で出てきた議会は「裏の議会」のみです。
裏の議会では貴族としての身分の高さよりも、
預言師たちを上手く動かす方法を意見できる者の発言権が高くなります。
ゆえに、あまり格が高くない貴族が大貴族に失礼な発言をすることもあります。

裏の議会の議長は王子のヒカル・ニーフォンですが、議会にはほとんど顔を出しません。

預言師

未来予知の魔法が使えるチハルのことです。
チハルの能力が世界の未来を知る能力ではなく
友人の未来を知る能力だったため「裏の議会」が生まれました。

預言の騎士

チハルの未来の、大切な友人だと判明した
ヒイラギとソラヤマのことです。
指名された当時、ヒイラギは14歳、ソラヤマは16歳と若かったため
軍を鼓舞する人形で充分と思われていましたが、
ヒイラギもソラヤマも他の大人の騎士と変わりない活躍をし、
国民から絶大な支持を受けるようになりました。
ヒイラギは彼より年下の騎士達の憧れの対象になっていることが多いようです。

預言の戦士

チハルが旅に出てから見つけた、ヒイラギやソラヤマとは全く別種の、
チハルの心強い協力者です。
城下の人気者「暁の勇者」シンジと、
中立の勢力だった王家の遠縁でもある「ムラサワ騎士団」団長セイイチが、それにあたります。

朝練組、暁(あされん)の勇者

元は山賊だったシンジが改心した際、
朝に配下の者と共に真面目に合同訓練をするようになりました。
訓練のうるささから、最初は疎まれていましたが、だんだん目覚まし時計扱いに(笑)。
そして、シンジが実際に活躍し「暁の勇者」と呼ばれることになった時、
親しみを込めて「朝練の勇者」と呼ばれたりして城下町の者に可愛がってもらったようです。

王国騎士団

ニーフォンに数多く存在する騎士団を、
王の弟のツカサ・ニーフォンが全てまとめています。
事実上のニーフォン軍ですが、戦後は有事の際以外は
王国騎士団の名前を使って騎士達が活動することはありません。

王宮騎士団

王や城、城下を守る騎士団です。
ヒイラギとソラヤマの所属もこの騎士団です。
王国議会の有力議員タカナシが、自分の息子を金の力で無理矢理
王宮騎士団長にしています。
騎士団長の統率力は低いですが、真っ直ぐな性格です。
王弟ツカサが「親と子は違う」という考えの持ち主なので
数年後には立派に騎士団をまとめ上げることができるよう、育てているようです。

ムラサワ騎士団

預言の戦士となったセイイチが率いる騎士団です。
国境警備等を担当していましたが、チハルが旅立った影響で
一部がセイイチと共に王都に呼ばれました。
その後、立て続けに起こる事件との関係で、ムラサワ騎士団の配属は王都防衛に変わります。

竹刀隊

「蜜柑の香り」第5章の「3年後」編以降にのみ存在する部隊です。
所属は王宮騎士団の一部隊で、隊長はセイト、副隊長がジュズとなっていましたが、
最終的にはジュズが隊長になります。
基本的にバカにされていますが、
ムラサワ騎士団団長のセイイチが一目置いているので、
ムラサワ騎士団と合同で王都防衛の任務に当たることが多いようです。


希望の戦士

未来からの襲撃者シムラ、ヤマカワ、カイザキがこう呼ばれています。
「蜜柑の香り」第4章で預言の騎士達と戦いました。

整備士、管理者(かみさま)

マイ・トキオカ(時丘マイ)のことです。
ニーフォンを含む「世界」は実は人間が作り出した箱庭で、
デジタルのデータの集合体でした。(演算はスパコンが行っているようです)
この箱庭を管理し維持しているのがマイです。
世界の外側について知る必要が無いカナ達にとっては「神」とも呼べる存在です。
「蜜柑の香り」第4章で、マイとカナ達は短い時間ですが、接触し会話します。

この設定を使ってもいいですし、使わなくても構いません。
(一部だけ使うとか、改変とかもアリです)


  • 最終更新:2016-01-14 13:41:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード