第5章雑談:柊

「……貴女か。年頃の女性が、
 男の部屋へ
 そう何度も来るものではないぞ」

「でも、柊さんって
 空いてる時間は
 いつも部屋にいるじゃないですか。
 それに、千春さんはお構いなしに
 出入りしているみたいですし。
 別に、気にしなくても
 いいんじゃないですか?」

「千春は……言っても聞かないだけだ」
「じゃあ、私もそういうことで」

「…………?」
「お邪魔しまーす」


仲間のこと

空山さんのこと

「……けしからん」
「え?」

「あいつは、自分の置かれている状況を
 どう考えているんだ。
 どうして、この状況で中井さんと……」
「あ、あの……」

「軽い性格のふりをして、
 実は使命感は強い奴だと思っていたが……
 見損なった」
「でも、綾が望んだことですし」

「だとしてもだ。
 尚更、断るべきだろうに……」
「そうでしょうか?」

「……何?」
「だって、障害のある恋って
 燃えるらしいじゃないですか。
 下手に綾の気持ちを刺激するより、
 いいのかもしれませんよ」

「…………?」
「綾は、こうと決めたら
 曲げない性格ですし」

「…………?」


千春さんのこと

「……千春も無茶なことを」
「大丈夫なんでしょうか……」

「恐らく、問題ない。
 彼女は体力は無い方だが、
 時に飲まれること自体が
 初めてだったはず。
 慢性的にこういう状態になっている
 俺とは、根本的に違う」

「……柊さん」

「なんだ?」
「やっぱり、分かってて無茶してたんですね」

「…………」
「まったく」

「俺は……他の生き方を知らない。
 俺には、自分の体調よりも
 大切なものがある……」

「…………」

本人に聞いても、どうせ何も
教えてくれないんだろうなぁ……。
今度、千春さんか空山さんに聞いてみようかな。



千秋さんのこと

「頼りになるな」
「本当ですね」

「空山の自己管理能力も
 信用できなくなった今……
 常に冷静に動いているのは
 千秋と貴女ということになるな」
「そ、そうですか……」

「千秋や貴女は、
 他と調和を取るため
 俺達に気を遣っていないか
 心配になるのだが……」
「私は、そうでもありませんよ。
 千秋さんの心配をしてあげてください」

「…………?
 どうかしたのか?」
「いいえ、別に」

「…………?」

私がつっけんどんな態度を取ってる事に
気づきもしない。
気づいても、その理由を自分で考えようとしない。

だから私は……貴方に気を遣ったりは
してないんだ。

どうせ、気づかれないんだし。


綾のこと

「…………」
「あの……」

「……知っている」
「…え……」

「気づかなかった俺が、鈍感すぎた……」
「柊さん……」

「千秋が教えてくれた。
 そして貴女も…今、それを話そうと
 してくれたんだろう?」
「は、はい……」

「……感謝している」
「…え?」

「俺は鈍い。
 人の仕草の変化にはすぐ気づくが
 内面の変化には気づかないことが多い。
 今回もそうだった」

「あれは、単にぎこちないだけだったんだな。
 それを俺は……
 チームが明るくなったのだと、
 勘違いしていた」

「…………」

「だが、千秋が……そして貴女が
 それを俺に教えてくれた。

 真実を知った俺が、中井さんのことを
 どう思っているか、正直に言おう」
「……え…!?」

「それでも彼女は、皆を和ませる存在だ。
 空山とは違う魅力を持った……
 ムードメーカーだ」
「柊さん……」

「別の彼女が、どうして
 俺にそこまで恨みを持ったのか……
 俺には分からない。
 いずれ、俺は彼女に恨まれるのかも知れない。
 だが、それでも……」

「俺は、彼女は大切な仲間だと思う」
「…………」

「彼女は俺よりは随分、年下だが……
 頼りになる気がするな。
 その証拠に……
 俺は、彼女に装置を預けてしまった。
 危険なことだと、わかっているのにな」

「彼女の方が、
 俺よりも正しい選択が出来るのではないかと……
 そんな風に、感じるんだ」


私のこと

「花のように美しい」
「……またですか」

「おかしいか?」
「いいえ。
 でも、もっと違う話は
 ないのかなーって思ってしまいます」

「……違う話?」
「最近のこととか」

「…………」

どうしてそこで、黙っちゃうかなぁ。

「……スペルミスが多い」
「はい?」

「コマンド入力の、スペルミスが多い。
 ずいぶん減ってきたが……
 あまり多いと、スペルチェッカが誤作動するぞ」
「す、すみません……」

「あれはあくまで、入力ミスの補助を
 するためのものであって
 ミスの方が多ければ補助のしようもない」
「ごめんなさい……」

「まぁ、たとえ暴発して明後日の方へ
 飛ばされたとしても……
 それなりに経験のある者であれば
 軌道を修正できるが……」
「…………」

「…………!
 ……すまない」
「……え?」

「懸命に頑張っている貴女を
 責めるつもりはなかった」
「…………。
 でも、私が“出来ていない”って事実は
 変わりませんから。
 注意してくれる人もいないと」

「……いや…。…………」

そうだ、注意しなくちゃ。
間違えちゃ、駄目だよね。


自分のこと

「……貴女を守りたい」
「…え?」

「もし、俺に……時に飛び込む以外に
 生きる理由があるのだとしたら……
 貴女を守ることだと、思う」
「そんな風に考えなくても……。
 別に、柊さんが悪いんじゃないですし」

「いや、これは俺の問題だ……」

そう思うんだったら、もうちょっと、
“私”に好かれる努力をして欲しいなぁ……。

でも、私もこの人に
好かれる努力をしていないし……
無理、なのかな……。


他のこと

もしかして一人っ子ですか?

「……は?」
「綾が、そうなんじゃないかな、って
 予想してたんです」

「……その通りだが…
 鋭い人だな、中井さんは」

うわぁ、当たってたんだ……。
凄いな、綾。

「俺の両親は、優しい人だった。
 俺のことは何も言わなくても
 分かってくれていた。
 惜しみなく愛を注いでくれたと思う」

「それなのに、何故だろうな。
 そんな親を持ちながら何故
 俺は……このように不器用なのだろうか」

「あ、自覚……あったんですか」

「時々、思う。
 空山のように器用だったら、
 俺はどのように生きたのだろうかと」

「あれもどうかと思いますけど。
 極端ですよ、ふたりとも」

「……そうなのか」
「そうですよ。……でも」

「……?」
「柊さん、前より話してくれるように
 なりましたね。
 やっぱり、同じ部屋で仕事をするように
 なったからですか?」

「どうだろうか。
 自分が変わったとは……思わなかった」
「そうですか……」


体調のこと

「……なぜ、そのことばかり聞く?
 特に問題はない」

「皆さんの会話から……
 漠然と、柊さんが治らない病気に
 かかってるような印象を受けてます。
 結局、何なんですか?」

「治らない病気か……。
 そんなものかもしれないな」

「?」

「時に飲まれすぎると、疲労が溜まる。
 その疲労がその者の
 空間への耐性を上回れば、
 発熱、発汗、動悸などの症状が出る」

「それって大変なことじゃないですか」

「ほとんどの者は、よく休めば回復する。
 治るまで無理をしなければ良い。
 俺は耐性がある方だから、問題はなかった」

「今、問題があるじゃないですか」

「ああ。症状を初めて自覚したのは
 18の時だったか」
「若いですね。私と同じくらいじゃないですか」

「19の時に違う貴女に徹底的に休まされて……
 一度は回復した」
「…………」

「貴女が気に病む必要はない」
「…………」

「……それに、中井さんが代わってくれて
 俺が空間に出るのを控えるように
 なってからは……実際、体調も安定してきた。
 案外、あと少し待てば、また……」

「それって」
「どうした?」

「やっぱり、田舎みたいなところで休むと
 回復が早かったりするんですか?」

「……何?」
「綺麗な空気と、おいしい水……とか」

「……どうなのだろうな。
 海底には“それらしい”施設はあったが
 どれも本物ではない。
 結局は最新の設備で休んでいるに過ぎない。
 俺には鉄の壁も作られた緑も
 同じように思えた。

 あの世界を、知るまでは」

「……花ですか」
「ああ。もう一度……見れれば良かったのだがな」

何も望まない、望もうともしない人が
唯一望むものが、植物……なのか。


過去の事象の否定

「何故、貴女がそれを……!」
「じゃあ、やっぱりそうなんですね」

「空山の仕業か」
「……はい」

「奴の悪い癖だ、話した俺が迂闊だったな」
「でも、その話を聞いたお陰で
 私は柊さんを無駄に嫌いにならずに
 済みました」

「いっそ、嫌って欲しかった」
「……言うと思いました。
 でも、駄目です。
 好きにはなれないけど、
 嫌いにもなれません。……貴方のこと」

「…………」
「ねぇ、柊さん」

「…………」
「もう、普通にしたらいいんじゃないですか?
 過去なんかに、囚われないでください」

「いや……違う。
 それは、貴女にとっての未来だ。
 たとえ俺にとって過去だったとしても……」

「柊さんの過去じゃないですか。
 それに、その私はこの世界には来なかった。
 “私”は“私”です」

「…………」
「強制するつもりは、無いんですけど。
 はっきり言っておきたかっただけです」


なくした道具

「柊さんって、違う私に出会ったとき、
 道具をいくつかなくしたんですよね?」

「何故、そんなことを聞く?」
「長い間お世話になっているから、
 どういう道具をつかうのかな~、
 何をなくしたのかな~っていう
 単なる好奇心です」

「…………。
 なくしたのは、安全装置と
 空間遊泳許可証、
 ……重力制御装置もだったか?」

「なんか、大切そうな物ばかり
 なくしたのはよく分かりました」

「幸い、身分証まではなくさなかったからな。
 身分証さえあればどれもまた借りられる」


安全装置ってなんですか?

「……所有者の位置情報を
 基地に定期的に送っていたり
 他の装置の制御をしていたり……
 名前のままのものだな」

「それって、
 一番なくしちゃいけないんじゃ?」

「ああ。あれ無しで時を越えるのはまずい」
「どうやってここに戻ってきたんですか?」

「あのときは、同僚が迎えに来た」
「あ、なるほど……」

で、今回は……
なくしたりしなかったから、
千春さんとふたりで帰って来れたのか……。


空間遊泳許可証ってなんですか?

「そのままの意味だ。
 時を越えてもいい、と
 許可された者にのみ与えられる」

「じゃあ、綾は無資格ってことになるんですね」

「……そうだな。
 だが、そもそも許可を得るべきことなのか、
 俺には分からない」
「…………?」

「外の世界から見れば、時空は共有すべき
 誰のものでもない場所かもしれない。
 あの許可証が必要なのは、
 この世界で暮らす者だけだ……」
「なるほど……」


重力制御装置ってなんですか?

「……事故で他の世界に放り出されたとき、
 もしも空の上に出てしまったら、
 落下して死ぬだろう?
 そういった事故を防ぐためのものだ」
「反重力ってやつですか」

「そうだ。貴女の世界では確立されていないな」
「ええ、架空の技術です」

「まぁ、使わないに越したことはない」
「そうなんですか?」

「あれは……疲れる」
「使ったこと、あるんですか!!」

「……ああ。
 どうにかならんのか、あの重さは」
「それ以前に、使わずに済むように
 頑張ってくださいよ、もう……」

「無茶な飛び方をするのは
 俺の生きる意味であり
 俺の存在価値でもある……」

「……え?」


なくした物が盗まれた可能性は?

「…………!?」
「……可能性、本当に無いんですか?」

「何を言っている?」
「だって、なんかそんな
 重要そうなものばっかり」

「いや……きっと時の中で落としたのだ。
 俺はそう思っている」
「……どうして?」

「…………」

根拠は、きっと無いんだろうな。
信じたい……というだけで。

でも……私の死体が“送りつけられて”
来ている以上、
少なくとも安全装置の中のデータは盗まれてる。

それを盗んだのは、
私なのか、それとも……。

「どちらにしろ、“時の中で落とした”と報告した。
 もう、関係ない……」

「あの、もしかしたら別の私……」

「道具は、時の中で落としたんだ!!」

「!」

「……すまない」
「いいですよ、別に。
 そういう可能性もあるんじゃないかな、って
 思っただけですから」

「…………」


体質のこと

「柊さんって、特殊な体質だったりするんですか?」

「……ああ、そうだが」

……なんか当たり前のように
返事されてしまった……。

どう、話を続けよう……。

「ええっと……どんな風に特殊なんですか?」

「空間に強い」
「空間に……強い?」

「そうだ。空間に強い。
 普通の幼子や老人、病人などは
 時にさらわれるだけで
 命が危険に晒されることさえある」
「え……」

「どのくらい空間に強いかは
 生まれたときに半分以上決まっている。
 空間に強ければ
 幼くとも、または老いても……
 病に倒れようとも
 時空に殺されることはない」

「空間に強い家系というものがある。
 俺の父も母も、祖父も祖母も……その前も
 俺の家の者のほとんどは、空間に強い」
「あの、それって」

「そうだ、原始的な遺伝子操作だ」

「けっして誰かに強要されるものではない、
 柊家に生まれたからと言って
 空間に強い者と結ばれねばならないという
 決まりなどどこにもない」

「だが、期待はされる。
 俺の家だけではない、他の家もだ。
 そして、自分の家系の血の強さを
 競い合っている。

 だから、誰もが知らぬうちに
 自分の遺伝子を、自分の体質を
 子孫にも残そうと考える」

「……本当にくだらない」
「じゃあ、柊さんは違うんですね」

「そうでもない。
 くだらないと理解しているだけで
 俺の飛び方は
 柊家の者そのものだろう」

「どうして、そんなことを?」

「単純に……」

「単純に、嬉しかったからだ。
 俺が助けた者が元の世界に戻り
 変わりなく生活していると知ったとき……
 嬉しかったからだ」

「でも、体を壊すほど飛ぶことは
 無かったんじゃないですか?」

「それでも、飛びたかった」

「駄目ですよ、そういうの」

「…………!
 なぜ、そう思う?」

あ、今……。
もしかして……。まぁ、いいか。

「貴方を大切に思っている人が
 悲しむでしょう?」

「…………!」

「と、模範解答したいところですけど」
「……模範解答?」

「今の私の意見は、違います。
 柊さんがいなくなったら、
 私が困るからです」

「困る……?」

「私がコマンド入力を間違ったときは?
 機械がエラーを起こしたときは?
 誰に頼ればいいんですか」

「…………?
 俺以外の者でも……」

「でも、私のパートナーは
 柊さんってことになってますから。
 私が最初に頼るのは柊さんです」

「…………?」

「そうやって、関わっていくうちに
 “大切”になっていくんだと思います。
 だからそういう、模範解答が存在するんでしょうね」

「意味が……分からないが」
「分からないなら、それでいいです」

ふふん。
今、ちょっとだけ勝った気分だ。
……違う、私に。


制服のこと

「……戻ってきてかなり経つのに
 着ないんですね、制服」

「服にこだわることもあるまい」
「それは……そうかもしれませんけど」

「なにより、俺に……
 あれを再び着る資格など無い」
「そういうこと言うと、
 みんなに怒られますよ?」

「もう怒られた」
「へ?」

「……千春に」
「そうなんですか」

「千春と千秋のリボンのことには
 気づいているな?」
「ええ、姉妹お揃いですよね」

「ああ、そうだ。
 あのふたりにとって、
 “揃いの何かを持つ”ということは
 絆を意識するために重要なことらしい。
 ……貴女はどう思う?」
「私ですか?」

「私は……絆は、物じゃないと思うんです。
 でも、物で絆を感じる気持ちも
 大切だと思います」

「そうか……」
「はい」

「ならば……。
 いや、なんでもない」


  • 最終更新:2012-04-11 10:04:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード