第5章雑談:空山

「おおう。これは偶然だな」
「いえ、私は空山さんに会おうと思って
 ここに来たんですけど……」

「うーん、お誘いは嬉しいんだけど
 俺にも彼女が出来ちゃったからな。
 今までみたいに軽い男では
 いられなくなったっていうか……」

「そういう話をしに来たんじゃ
 ないです!!」

「……わかってるよ。
 さて、それじゃあ
 秘密の場所にでも行こうかな」

「だー、かー、らー」

「それとも、
 万が一、綾ちゃんに聞かれてしまっても
 問題のない話なのかな」

「…………!」

「ほらね。
 さて、綾ちゃんの
 知らないような場所にでも行くか」

「あの……ありがとうございます」

「お礼を言われるほどのことでもないよ。
 俺の方が……ずるいからな」


仲間のこと

柊さんのこと

「最近、古いデータをいくつも
 読んでるみたいだけど、何か知らないか?」

……げっ。
まさか、空山さんにもばれる……?

「最初は、華菜ちゃんなのかなーって
 思ってたんだよ。
 でも、どうも……
 “わざと”コマンド入力ミスを挟みつつ
 なんかのデータを探してるようだから……
 これは、華菜ちゃんを装った別人の仕業だなぁと」

うわ、多分それ私だ……。
読めないものを無理に読んでるから、
きっと入力ミスにも変な法則があるんだろうな……。
気を付けないと。

「まぁ、華菜ちゃんが知らないのなら
 そのうち本人に聞いてみるか」
「教えてくれるでしょうか?」

「教えてくれないだろうな。
 反応を見て予想する程度だ」
「そうですか……」

「それはそうと……
 あいつ、変わったよ」
「……え?」

「落ち着いてきた。
 前は、無茶ばかりするから
 心配していたが……
 最近は、あまり心配しなくていい」

「きっと、君のお陰だ」


千春さんのこと

「あの元気な人が倒れるとはね。
 やっぱり、時の中は人が行く場所じゃないな」
「……綾を連れて行くくせに」

「彼女は、特別だ。
 体力がなかったら、止める気だった。
 でも……本当に鍛えていたんだな、あの子」
「弟がふたり、妹もふたりいて……
 しかもスポーツ部ですからねぇ」

「それは嫌でも鍛えられそうな環境だな。
 
 ……はるちゃんは
 どっちかというとインドア派なんだ」
「……え、そうなんですか?」

「そうなんだよ。
 友達と遊び回ることもあるけど
 ちあちゃんと一緒にいることの方が多い。
 だから、ああ見えて体力がない」

「でも精神力の強い人だからねー。
 きっとすぐに回復して
 元気な姿を見せてくれるはずさ」

「早く元気になって欲しいですね」


千秋さんのこと

「ちあちゃんは最近、
 度胸がついてきたんじゃないかなぁと思う」
「……最近、ですか?」

「ああ、最近だ。
 具体的に言うと、はるちゃんが
 倒れた頃から」
「本当に最近ですね!?」

「……ボタンの押し方がね、違うんだ。
 元から、比較的思い切りのいい
 飛ばし方をしてくれる子だから
 あれ以上は無い、と思っていたんだけど……
 あるものなんだねぇ。上の更に上ってやつ」
「は、はぁ……」

「やっぱり、ちあちゃんに
 はるちゃんは絶対に必要……って事だね」
「そうですね……」

「でも、逃げずに前を向いたのは
 ちあちゃん自身の力だ。
 本当に凄いよ、あの子は」


綾のこと

「もう、大丈夫なんじゃないかな……」
「…………」

「そう、信じたい」
「…………」

「おかしいと、思うだろうね。
 付き合い始めたのは
 実は何か企んでいるからではないか……
 そう疑われても仕方がないとは思っている」
「…………」

「華菜ちゃん?」
「私は、貴方を疑いません」

「……え?」
「綾が信じているから。
 だから私も、貴方を疑いません」

「…………。
 でも、あの子は何も知らないだろう?」
「綾は、心でぶつかる人。
 だから……空山さんも、
 心で応えてあげてください。
 私から言えることは、そのくらいしか」

「君は、本当に綾ちゃんのことが
 大好きなんだね。
 ……うん。
 この約束は……破らないと誓おう」


私のこと

「綾ちゃんが進む人なら、
 君は“変える人”だと俺は思う」
「……え?」

「ただ進むのは、実は簡単なことだ。
 疑わず、迷わず信じることは
 難しいようでいて実に容易い」
「そ、そうですか……?
 信念を貫くのって、大変だと思いますけど……」

「盲進すればいいのさ。
 今の俺達が、まさにそう。
 でも、待っているのは……破滅だろ?
 それを見ないふりをして、ただ進んでいる」
「…………」

「それでもいい、と思って
 同じ事を続けるのは簡単なことだ。
 だが、それを否定して……
 違う道を行こうとするのは、
 盲進している人に混ざることより難しい」

「空山さん……」

「無茶だけはしないでくれよ。
 その約束を守ってくれるなら
 君が何に挑戦しようと……俺は、見逃すよ」

この人……
やっぱり、気づいて……?

「俺みたいな奴は、
 君のような……強い人に
 期待するしか無いんだな……結局。
 情けないよ、ホントに」


自分のこと

「まさか俺に、
 あんなに可愛い彼女ができるとは。

 実は、これは夢なんじゃないかと
 疑うことがある」
「……現実ですよ」

「そうなんだよ。
 彼女って言うのは、素敵な響きだけど
 怖いものもあるな」
「……何かあったんですか?」

「……部屋を勝手に片づけられた」
「……はい?」

「俺の部屋には
 禁断の塔があったんだよ」
「……禁断の塔?」

「禁断のポスターもあった」
「…………」

ああ、そういうことか。
アレな本とか、アレなポスターを
ふっつーに部屋に置いてたんだな、この人……。

「汗かいちゃったから、
 シャツを変えるだけのつもりで
 なんとなーく部屋に戻ったんだけど、
 まさか綾ちゃんがついてきていたとは」

綾、突撃、早っ!!

「昔、部屋にイタズラをされたことならあった。
 多分、はるちゃんの仕業だと思う」
「はぁ……」

「だが、着替えているわずかな時間に
 綺麗に整列されてしまった
 俺の所有物からは、イタズラよりも
 不気味な何かを感じた」
「…………?」

「“片づけておきましたね”っていう
 笑顔も、なんだか
 怖いような気がした……」

「怒らせちゃったのかなぁ……。
 “捨てられた”とかなら
 分かりやすくていいんだけど、
 綺麗に整理してあるから、どう取ればいいのか」

「たぶん、何も考えてないんですよ」
「……は?」

「笑顔が怖く見えたのなら、
 それは空山さんが怖がってるからです」

「綾、前言ってました。
 おじさん……綾のお父さんとか、
 上の弟の部屋を片づけるとき
 変なものが結構出てくるけど、
 別に気にしないって。
 男だしそんなものなんじゃない?って。
 きっと、そんな感覚じゃないでしょうか」

「そうなのか……。
 怖すぎる感覚だな、それは」

……どこが怖いのか
さっぱり分からないけど……まぁいいか。

「とはいえ、そういう微妙なものを
 目に付くような場所に置くのは
 もうやめた方がいいと思いますけど」

「ああ、もう片づけたよ……さすがに」


他のこと

時の中ってどんな感じですか?

「どんな感じ……と言われてもねぇ」
「やっぱり、行ってみないとわからない
 ところですか」

「すごく、不思議なところだよ。
 君は水の中に長い間、
 潜ったことはあるかな?」
「えーと、無いです」

「そっか。じゃあ、ちょっと
 分かりづらい説明になってしまうかも
 しれないけど……。

 時の中は、まるで水の中のようだ」

「水……?」

「少し深いところに潜ってから、
 体勢を変えて、水面の方を眺めると
 まるでそこは現実とは違う
 不思議な世界のようで……

 水の中から見る水面は
 とても神秘的なんだ」

そうなんだ……。
私は、“水面”と言ったら……
水の外から眺めるものだと思っていたなぁ。

「そんな、神秘的な世界が時の中。
 でも、ただの水の中とは違って……
 そこでは時に、面白いことも起こる」
「どんなことですか?」

「別世界の同業者と出会うことがあるんだよ。
 この間は……オンミョージ? っていうのかな。
 古い時代の同業者に出会った」

「それって、時にさらわれた人なんじゃ……」

「いや、あれは違う。あれは、時の渡り方を
 よく知っている人の動きだった。
 時に飲まれている様子は全くない。
 きっと、別世界の同業者だ」

「そうなんですか……」

「そういう、未知の世界の人と
 出会うことが……時々ある。
 もちろん、仕事は真面目にやるべきだけど……
 帰りにああいう人に会うと、
 なんだか得した気分になるんだよな」

「だから、俺はやめられない。
 あんな不思議な体験を
 もっとしてみたいからね」

この人達が仕事を続ける理由は……
人助けの為だけじゃないんだ。

楽しいことが時々あって、
それで、もっとやる気が出る。

疲れるかも知れないけど、
辛いばかりじゃ、ないんだ……。

私、ちょっと勘違いしてたかも。


過去の事象の否定

「俺は思うんだ。
 例えば、過去の事象を肯定して……
 それを“悲劇でない”形で再現すれば
 別の未来が見えてくるんじゃないかと」

「はぁ……」

「例えば、綾ちゃんがそうだ。
 時の中に飛び出すっていうのは、
 確かに危険だ。
 危険だけど、既に意図的に
 失踪しているとも言える」

「え?」

「つまり、綾ちゃんの失踪事件は
 もう終わっているかも知れないってこと」
「じゃあ、もしかして……」

「気は抜けない。
 でも、今の綾ちゃんに……
 いつかいなくなってしまいそうな
 妙な不安定さはない」

「華菜ちゃんは、気づいているかな?
 君たちが、この世界に
 馴染んできているってこと」
「馴染む……?」

「そうだ。来たばかりの頃は、
 あちらとこちら、どちらにも引かれていて
 いつ時にさらわれてもおかしくなかった」
「ええっと……それは」

「神隠しの穴。白い穴だよ」
「そっか。この世界でも、神隠しは
 あるんでしたね」

「そう。でも、今は黒い穴を使わないと
 ここから離れることは
 出来ないんだろうな。
 そんなに愛着を持ってくれて嬉しいと
 思う反面、困ったものだな、とも思う」

「……いるべき世界から、
 心が遠ざかっているからですね?」

「そうだ」

「でも、私の世界では、
 白い穴に飲まれた人が
 その場に留まったなんて話は
 聞いたことがありません」

「本気で、そう思うのかい?」
「え?」

「だとしたら、君は自分の家になんか
 帰れていないよ」
「……それは…確かに
 ちょっと不思議だと思いましたけど」

「俺は君の世界を知らない。
 だから、推測でしかないけど……
 調べたい人が調べたい“生き残り”は
 黒い穴に飲まれた人なんじゃないかな」

「……え?」

「たとえば、この世界の連中はそうなんだよ。
 白い穴に飲まれないのは、
 自分の世界でしっかり生きている
 心の強いやつ。
 飲まれてしまうのは、
 この世界で生きていく力のない
 心の弱いやつ……なんて説もある」

「なんか、極端ですね」

「ああ。俺は信じてない。
 でも、そういうことを言い出す奴は
 いるってことだ。

 だから、白い穴の事件は
 肝心の自分の世界側は
 実質ほったらかしになっていることも多い」

「そんな酷い……」

「ああ、変な話だよ。
 他の世界の人は助けるのに、
 自分の世界の人間は助けないなんて。
 俺は納得できないね」

「空山さん……」

「だから、ここに残ったことは
 俺にとっては本当に面白いことなんだ。

 誰かの未来を変えられるかも知れない……
 そんな、やりがいのありそうな仕事は
 なかなかもらえないからな」

「…………」

「あ、この流れで“面白い”なんて
 言うのはちょっと不謹慎だったかな」
「いいえ。私も変えますよ、“過去”を」

「……過去?」

「そうです。知ってる人がいるということは
 それはもう過去です。
 私にとっては未来かも知れませんが、
 皆さんにとっては過去の出来事」

「……確かに、そうかもしれないな」

「前のままの私なら、
 なるようにしかならない、
 どうしようもない……としか
 考えなかったかも知れない。
 でも、ここに来て考えが変わりました」

「華菜ちゃん?」

「私も、否定してみせます。
 ……過去の事象を」

「ああ。必ず生きてくれ」


違う私と柊さんのこと

「君が、違う君に興味を持って
 何をしようと言うのかな?」

「とりあえず、知っておいた方が
 いいんじゃないかなぁと……」

「俺も、知りたいんだけどさ。
 違う君の話は、
 柊が口を滑らせた時くらいにしか
 聞けないんだよ」

「そうなんですか……」

「俺もはるちゃんも、
 そういう時を楽しみにしてたんだけどね。
 これが意外と少ない。
 ガード固いよな、あいつ」

「でも綾は、柊さんは仲間に対して
 無防備だって言ってました」

「ああ、無防備だ。
 だから、聞き出せないのは
 俺達が期待するせいなんだよな」
「……え?」

「俺達の期待を感じ取って、警戒する。
 逆に言えば、俺達が期待していなければ
 他愛もない話だと思って、
 話してくれたかも知れないってことだ」

「あいつ、あれでも一応……自分が
 “人付き合いが下手”なのを
 けっこう気にしてるから
 話題があれば話してくれることもあるんだよ」
「そうなんですか……」

「ああ、もったいないことをしたぜ」


柊さんの休ませ方

「……ない」
「断言するんですか」

「断言する。そんな方法は存在しない」
「色々試したんですね?」

「……ああ。
 あいつ……
 せめて親の期待に応えたいとか
 そういう風に考えてるみたいだ」

「……親の期待?」

「普通、そういうのには反発するだろ。
 でも柊は逆なんだ。
 “自分は良くしてもらったのに、
  何も返せていない……”
 ……そういう風に考えている」

「でも、身体を壊したら
 柊さんのご両親は喜ばないですよね?」

「俺も、そうだと思っていた」
「……え?」

「あいつが初めて倒れたとき、
 見舞いに来た、あいつの両親は……
 “よくやった”とあいつを褒めた。
 
 柊はそれを聞いて、
 “治ったらまた一生懸命に働く”と答えた」

「そんな……」

「あいつの家は、そういう家系だからな。
 それを否定するのは、
 柊の生まれを否定することになるから
 悪いとは言わないが……
 奴の親に期待するのは無理だ」

「どうすればいいんでしょう」

「さて……な。
 実は案外、もう成功してるかもしれないが」
「……え?」

「君だよ。ここにいる、“君”の存在。
 柊は素直に、装置を綾ちゃんに預けてくれたろ。
 昔のあいつだったら、
 考えられないことだぜ」

「違う君がいなくなって、
 あいつの悪い癖は再発した。
 だが、“君”が現れて……治まった。
 これは決して、違う君の影響じゃない」

「そうなんですか?
 私には、そうだとは思えませんけど」

「いいや。あいつは君にベタ惚れだ。
 ……最初からな。
 きっかけは酷いもんだが……」

「だって、あれは違う私の代わりを
 捜しているだけでしょう?」

「最初はそうだったかもしれない。
 だが今は……違うんじゃないかと、
 俺は思うな」

「参考にはします」

「お、認めたくないってことか。
 へぇ~」

「そういうところで面白がるの、
 やめてください!」

「いやいや、面白いものは面白いからさぁ!」


あなたはずるい

「もしかしてそれは、褒め言葉なのかな?」
「どうしてそうなるんですか!」

「……そうだね、
 ごまかすところじゃないか」

「自覚はしてるよ」
「どうして、そんな性格に
 なったんですか?」

「……人と付き合う上での、
 バランスの取り方……とでも
 言えばいいのかな。

 俺は、秘密のない関係ってのは
 築けないたちなんだよ」

「はぁ……」

なんか、響きだけなら危険な雰囲気だけど
肝心の本人からは
危険なオーラを全く感じないなぁ。

これが、千春さんの言ってた
“救いようのない器用貧乏”ってことなのかな。

「はるちゃんは俺の逆でさ。
 秘密のないタイプなんだ。
 表裏がないのに、誰とでも仲良くなれる」

「……でも、最初は苦手意識がありました」

「それは、俺にもあっただろ?」
「え、ええと……それは」

「遠慮しなくていいぜ。
 本人が気づいてるんだし」
「あの……すみません」

「君が最初に苦手意識を抱くのは、
 やかましい人間って事だよ」
「あ、言われてみれば……。
 綾もそうでした」

綾も、聞いてもいないことを
よく話す……私とは
全く違う性格の人間だ。
だけど、気が付いたら友達に……
そして親友になっていた。

「……それは知らなかった」
「知ってたら怖いです。
 知ってる可能性もありますけど」

「そこまでは見てないよ」

「……それで、俺がずるい、って話だったね」
「あ、話を逸らさないんですね」

「まぁ、ね。
 俺は……誰かと
 自分たちだけの秘密を共有することで
 誰かと特別な関係になるのさ。
 例えば、友達とか」

「なんか、やっぱりずるいです」

「そうだろうな。
 言い方を変えれば、弱味を握るってことだし」
「あ、やっぱりずるい」

「でも、俺も君に弱味を握られてたりするんだぜ」
「……え?」

な、何のことだろう……
見当も付かない…。

「君は俺の親友の柊の思い人だし……
 俺の恋人の親友だし……」
「それのどこが弱味なんですか」

「これ以上ない弱味だよ。
 君に嫌われたら、俺は一度に
 恋人と親友を失うんだぜ?

 友達になるとき、友達の友達が
 どんな奴か確認する人がいるだろ?
 俺は、君にとって“いい人”じゃないと
 いけないのさ」

「そんなこと、
 考えたこともありませんでした」

「うん、そうだろうね。
 それが君のいいところだ」

「疲れませんか? そんな生き方」

「さてねぇ。
 ずっとこうしてるから、
 この生き方が疲れるのかどうかさえ
 忘れてしまったな。
 でも、“楽しい”と感じる気持ちの方が上だ。
 それは、間違いない」

「……はぁ」

「いいかい、華菜ちゃん。
 確かに、疲れるのは良くないことだ。
 だが、疲れないのも良くないことなんだよ」

「空山さんって、
 意外と哲学的ですよね」

「意外ってどういう意味だよ!!」
「そのままの意味です」

「…………。
 まぁ、いいや」

「言いたいことは、分かりましたよ?
 ようするに、“適度”が大切ってことで……
 “疲れたけど楽しかった”という気持ちを
 忘れちゃいけない、ってことでしょう?」

「ああ、そうだ。
 俺が面白いと感じるときは、
 大抵、疲れも伴ってる。
 だから、他の時はサボることにしてる」

「なんか、いい話が今ので台無しになりました」

「適度に休むって意味だよ!!」

「……意味は分かるんですけど、
 言い回しで台無しです。
 センスが無いですね、空山さん」

「……やれやれ」


あの時、妙に落ち着いていましたね?

「……ん? いつのことだい?」
「千春さんが倒れたときですよ!!」

「そうだったかな」
「そうですよ!
 隠そうとしたって、無駄です。
 千春さんから聞いていますし」

「……何を?」
「綾と、私をさらったことです」

「…………!
 ……困った人だな、はるちゃんも。
 隠しておかなければならない秘密と
 そうでない秘密の区別もつかないのか」

「それは、空山さんもだと思いますけど」

「俺の方が、たちが悪いのは認めるよ。
 でも、なんであれを教えちゃうかなぁ……」
「教えてもらって、良かったと思っています。
 もし、運悪く自分で気づいてしまったら……
 皆さんのこと、信じられたかどうか」

「そ、そうなのか?」
「……はい。
 付き合いの浅い人への疑いって怖いですよ。
 ずっと引きずって、疑い続けてしまう……」

「そこは、信じずに疑っていて欲しかった……
 というのが俺の本音かな」
「……え?」

「なんとかしたいと思ってはいるけど
 このままでは綾ちゃんを
 道連れにしてしまいそうで、怖い」
「……どういう意味ですか」

「さてね。俺も今、対策を考えているところだ。
 だがどうせ、もうすぐ別れる俺達だ。
 俺達への気持ちも
 別れが悲しくならない程度に留めておいてくれよ」
「……そんなの、無理です」

「おいおい」
「悲しくない別れなんて、無いですから。
 あったとしたら、それは……
 単に、感情が麻痺しているだけでしょうから」

「華菜ちゃん……」

私には、もうできない。
そんな……そんな辛い別れは、二度と。


  • 最終更新:2012-04-11 10:04:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード